FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2のパスワード

今日、FC2にログインできなくなっていました。

ブラウザ任せで、自分の控えが間違っていたようです。(反省!)

はじめ、パスワード再送をたのんでもメールが届きませんでした。
「問い合わせ」をしたら、急にパスワードが再送されてきました。

この辺のからくりはよくわかりませんが・・・

台湾人の英語

台湾人は英語を流暢にしゃべりますが、よく聴いてみると、内容が分かりません。

中国語には「時制」、「自動詞と他動詞の区別」、「単数と複数の区別(これは日本語でも結構あたりますが)」がないからだと思われます。

会社のメールで、「これをもうやった」のか「これをこれからやる」のかがよく分かりませんでした。もちろん、マネージャーの経験の長い人の英語はだいたい正しいですが。

若い人は、英語をgoogle transrateにいきなりかける人がいて、まったく逆の意味にとられて困ったこともありました。中国語版のgoogle transrateはひどいです。難しいのでしょう。

また、いくつかの病院に行きましたが、若い医者が変に自分の英語に自信をもっています。こちらが「中国語は少ししか分からない」と言うと、「英語はできるか?」と得意になって聞くのですが、「はい」というと、へんな英語をしゃべりだします。

入院したことがあるのですが、退院のときの証明書には「He leaved this hospital...」と書いてありました。leaveの過去形はleftだろうが!

みんな違う

台湾語は中国の福建省の南部の方言に似ている。

しかし、台湾の中でもいろいろ方言がある。

そして、みんな自分の台湾語が正式だと主張します!

だから、「台湾語ページ」で紹介している台湾語もそのひとつに過ぎない。

たとえば、「台湾語ページ」のビデオでは、自分のことを「わー」と言っているが、「ごぁ」と言う人のほうが多いように思う。

むかし、台湾の同僚に聞いたのだが、「奥さんのお母さんの台湾語はまったく分からない。英語のほうがまだましですよ」と言っていた。

これは大げさとしても、地方によって、人によって発音や言い回しがかなり違っていることは確かだ。

だから、「台湾語ページ」で勉強している台湾語はひとつの例に過ぎない。

でも、「安心してください。通じますよ!」。(ある程度ちゃんと発音すれば。)

最近は台湾語の本(CDつき)が増えてきたので、いくつか聞き比べてみるといいかもしれませんね。


国民党と民進党

もともと中国は国民党(中華民国)。

日本と戦ったのは国民党。

国民党で一番えらいのは蒋介石。

第二次世界大戦でうらに隠れていたのが共産党。

共産党で一番えらいのは毛沢東。

第二次世界大戦が終わって、国民党と共産党の内戦が起こった。

大戦で弱っていた国民党は形勢が悪くなった。

蒋介石の国民党は台湾に逃れた。

共産党は中華人民共和国をつくって大陸を牛耳った。

蒋介石が台湾に連れてきた人々を外省人という。

もともと台湾にいた人々を内省人という。

外省人は武力をかさにきて内省人をいじめた。

だから、圧倒的多数の内省人は外省人を嫌った。

今はもともと少ない外省人は10%ぐらいになって昔の確執もなくなりつつある。

ところで、国民党(中華民国)は統一派といわれるけど、

もともとは、中華民国の一部が中国(大陸)だといっていたんじゃないの?

民進党は独立(台湾はひとつの国である)派だけど、中国との経済関係はとても大事。

今回の総統選挙では民進党が勝ったので、中国との関係は微妙になったね。

アメリカと日本は喜んでるね。

でも、これは政府間の問題で、だいたいの台湾人も中国人も韓国人も民間ではいい友達だよ!(行って見ればわかるよ)

三字経

「三字経」というのは、道徳を教えるのに子供に覚えさせる一種のお経(?)です。

私も途中まで覚えましたが、忘れました。

人之初、性本善、性相近、習相遠・・・
(人間は生まれたときは善良である・・・)

と始ります。

人格は環境によるということで、孟子の母親は三回も引越しをした、などとも書いています。

ところが、この「三字経」には、(下品な三文字言葉」という隠れたいみがあります。

英語で、fuck とか shit とかを「four letter fords (下品な4文字言葉)」というのと同じです。

「三字経」の例はまだ挙げません・・・


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。