FC2ブログ

台湾語の勉強法(1)

台湾語を勉強するのはあまり簡単ではありません。

台湾語には文字が無いし、

声調も7つもあるし、

変調もするし、

発音記号もありません。

ですので、台湾人に直接教えてもらうのがベストだと思いますが、それも一般の人には簡単ではないでしょう。

現実的には、CDつきの教材(台湾人が書いたもの)を使うか、このブログのような音声付のサイトを使うしかないでしょう。

幸いにも私には台湾人の先生がいるのですが、何回も同じことを聞くのが悪いので、このブログや 「台湾語ページ」 を作っています。

でも、まだまだ文の量が少ないので、以下の本を使っています。この中の文を実際に使ってみると結構通じるので、おすすめです。




以前、台湾人の同僚たちに聞いたところ「これだけは絶対に言わない」という文もいくつかあるようですが、大体はいいとのことでした。

もしかするとこの本の著者は日本語がうまくなりすぎたからだったり、無理やり本を作るために、変な台湾語が(ほんの少しだけ)はいってしまったのだろうと思っています。


コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク