FC2ブログ

一喜一憂するな


ある本を読んだりサイトを見たりして、いろいろな方法を発見して、この方法は良く効いたとか、やっぱりだめだったとか、一喜一憂してもしょうがない。それぞれの方法は大体それを書いた人がその時点で効くと感じた方法に過ぎないのだから。療法も同じ。

ずっと気分が良くなる態度を続けて行くのが大事だと思う。

最善のうつの治療法があるとしたら、患者のそのときの状態に合わせて最適な方法を使い分けることだと思うが、それができたとしても、患者がそれをさっと理解して自分のものにするのは難しいだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク