FC2ブログ

みんな違う

台湾語は中国の福建省の南部の方言に似ている。

しかし、台湾の中でもいろいろ方言がある。

そして、みんな自分の台湾語が正式だと主張します!

だから、「台湾語ページ」で紹介している台湾語もそのひとつに過ぎない。

たとえば、「台湾語ページ」のビデオでは、自分のことを「わー」と言っているが、「ごぁ」と言う人のほうが多いように思う。

むかし、台湾の同僚に聞いたのだが、「奥さんのお母さんの台湾語はまったく分からない。英語のほうがまだましですよ」と言っていた。

これは大げさとしても、地方によって、人によって発音や言い回しがかなり違っていることは確かだ。

だから、「台湾語ページ」で勉強している台湾語はひとつの例に過ぎない。

でも、「安心してください。通じますよ!」。(ある程度ちゃんと発音すれば。)

最近は台湾語の本(CDつき)が増えてきたので、いくつか聞き比べてみるといいかもしれませんね。


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク