FC2ブログ

ことばの決定権


言うときはいう人の判断でことばを発します。

しかし、どのように解釈するかは、聞き手に決定権があるようです。

ですので、「そんなつもりではなかった」と言っても、すぐに分かってもらうのは難しいですね。

五輪書

ここに書いていることは、宮元武蔵の「五輪書」とかなり共通点が多いと思います。

ただ、昔にも読んだことがあるので、心の中に残っていたのが、今になってでてきているのかもしれません。

今は、吉川栄治の「宮本武蔵」を読んでいますが、これも勉強になります。ただし、物語なので、強引な話の持って行き方によって突っ込みどころも多いですが。(青空文庫さま、青空キンドルさま、大変感謝しております。どうもありがとうございます!)

やはり、私としては元本である、「五輪書」、「独行道」をお薦めします。

私のやり方は、結果的に、精神的、肉体的な苦痛に長時間耐えることで、徐々にこころの安静を得ていく。これでしたので、なかなか自分からやるのは容易ではないと思われます。私の場合は、それを自然に無理やりやらされただけです。何回も自殺しそうになってます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク