FC2ブログ

勝手に敵対するな


新しいものが出てきたり、新しく何かを勉強する必要ができたりしたときに、すぐいやになっていた。なんとなく敵意を持ったり、意識的に無視しようとしたりしていた。

自分が考え出したものではないのでわからんとか難しいとか、何で人の用意した枠にはまってやらなければいけないんだとか、そういうことも思い、いやな感じだった。

しかし、それらの新しいものというのは大体、われわれを便利にしたり楽しくするためのものであって、われわれをいじめたりいやな思いをさせるためにでてきたのではないのだ。

ありがたく使わせていただければいいのだ。全部完璧に分からなきゃいけないということも無い。そうしたらかなり楽になった。

==> でも、だからといって新しいものを絶対に使わなければならないこともないし、対抗して自分独自のものを作ってはいけないことも無い。ただ、いつも対抗しようとすればうつになる。

一喜一憂するな


ある本を読んだりサイトを見たりして、いろいろな方法を発見して、この方法は良く効いたとか、やっぱりだめだったとか、一喜一憂してもしょうがない。それぞれの方法は大体それを書いた人がその時点で効くと感じた方法に過ぎないのだから。療法も同じ。

ずっと気分が良くなる態度を続けて行くのが大事だと思う。

最善のうつの治療法があるとしたら、患者のそのときの状態に合わせて最適な方法を使い分けることだと思うが、それができたとしても、患者がそれをさっと理解して自分のものにするのは難しいだろう。

面白い点は無いか

どんなことでも面白くないと思えば面白くないだろう。「これをやるのはいやだな」と思うことが多いが、「じゃあ何なら楽しいの」といわれてもあまり思いつかない。結局どんなことも面白くないと自分で勝手に思っているだけではないのか。

とすれば、逆にどんなものも面白いと思えば面白いのではないか。そんな気がしてきた。面白いという感情は自分の心の中のものであり、外部にあるものではない。

外部のものが自分の感じ方にいろいろと影響を与えるのは事実だが、それを感じるときの自分の姿勢によっても結果は変わってくるのではないか。いや、変わってくる。

世の中の人たちはこちらから見ると取るの足らないようなことで結構楽しんでいるではないか。世の中の人たちから見ればこちらは取るに足らないことで苦しんでいるということでもあるだろう。

朝目が覚めたら


朝になるといつものように・・・そこで、いろいろ試してみた。

アニマル浜口のように「わっはっはっは、わっはっはっは!」という。
今日もいろいろ勉強できて嬉しいなと思う。
顔を洗ってすっきりする。
家族が楽しくなるように考え、振舞う。
鏡に向かって笑顔を作る。
どうしても楽しい気持ちにもっていく、もしくはそうしようとする。

目が覚めてベッドの中でもがいていたが、上記のことを試してみたら。確かに効く!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク