FC2ブログ

自分を受け入れる

障害のある子供をもったとして、その現実を受け入れて、愛することができるか、という話をしていて思った。

全く同じではないが、自分の場合にも通じる話だと思った。いくら不満があっても自分とは一生付き合っていかなければいけない、受け入れて愛してあげなければいけない。

持っているものを楽しむ


いつまでも求め続けるだけでなく、持っているものを楽しむ人が賢い人だとよく言われる。これは最近しみじみとよくわかる。

しかし、何も持っていなくても楽しめるとしたら、それは桁違いに賢い人だろう。

せめて、ほとんど持っていなくても、ほんの少しのものでも、めちゃくちゃ楽しめるようになることを目指そう。

自分に厳しくする

自分に厳しくすることこそうつから逃れるための最善策(のひとつ)なのだ。

といっても、間違ってはいけない。無理なことを自分に押し付けるのではない。それをすれば真っ逆さまにうつ状態に落ち込む。

自分でできることなのにただ怠けてやってないことを、はじめはつらく感じるが、頑張って実行するだけでいいのだ。

これをうまくやれば、うつから逃れられるだけでなく、人生の質をかなり上げられるのではないかと思う。

自分を甘やかすな


最近調子がいい。

原因として考えられるのは、早めに出社するようにしたことだ。いままで、いろいろな理由を付けて遅く起きてゆっくり出社していた。

目が覚めているのに起きないと、余計な悩み事を考えたり、あとで「また起きられなかった。調子が悪いんだ」とか思ってしまっていた。これは結局自分を甘やかして、さらに自分をだめだと思う原因を増やしていたのだ。

早く起きてすべきことをさっさとやる。これは精神衛生上すごくいいことなのだ。

強気でいく

今日はちょっと気分が良いいので、強気でいこうと思う。

自信を持ってやる。計画を立てて必要なことをやって満足して早く帰る。余裕があれば絶対に必要でないこともやって行く。

こうしていやな気分を受け付けないようにしてみよう!

勝手に敵対するな


新しいものが出てきたり、新しく何かを勉強する必要ができたりしたときに、すぐいやになっていた。なんとなく敵意を持ったり、意識的に無視しようとしたりしていた。

自分が考え出したものではないのでわからんとか難しいとか、何で人の用意した枠にはまってやらなければいけないんだとか、そういうことも思い、いやな感じだった。

しかし、それらの新しいものというのは大体、われわれを便利にしたり楽しくするためのものであって、われわれをいじめたりいやな思いをさせるためにでてきたのではないのだ。

ありがたく使わせていただければいいのだ。全部完璧に分からなきゃいけないということも無い。そうしたらかなり楽になった。

==> でも、だからといって新しいものを絶対に使わなければならないこともないし、対抗して自分独自のものを作ってはいけないことも無い。ただ、いつも対抗しようとすればうつになる。

一喜一憂するな


ある本を読んだりサイトを見たりして、いろいろな方法を発見して、この方法は良く効いたとか、やっぱりだめだったとか、一喜一憂してもしょうがない。それぞれの方法は大体それを書いた人がその時点で効くと感じた方法に過ぎないのだから。療法も同じ。

ずっと気分が良くなる態度を続けて行くのが大事だと思う。

最善のうつの治療法があるとしたら、患者のそのときの状態に合わせて最適な方法を使い分けることだと思うが、それができたとしても、患者がそれをさっと理解して自分のものにするのは難しいだろう。

面白い点は無いか

どんなことでも面白くないと思えば面白くないだろう。「これをやるのはいやだな」と思うことが多いが、「じゃあ何なら楽しいの」といわれてもあまり思いつかない。結局どんなことも面白くないと自分で勝手に思っているだけではないのか。

とすれば、逆にどんなものも面白いと思えば面白いのではないか。そんな気がしてきた。面白いという感情は自分の心の中のものであり、外部にあるものではない。

外部のものが自分の感じ方にいろいろと影響を与えるのは事実だが、それを感じるときの自分の姿勢によっても結果は変わってくるのではないか。いや、変わってくる。

世の中の人たちはこちらから見ると取るの足らないようなことで結構楽しんでいるではないか。世の中の人たちから見ればこちらは取るに足らないことで苦しんでいるということでもあるだろう。

朝目が覚めたら


朝になるといつものように・・・そこで、いろいろ試してみた。

アニマル浜口のように「わっはっはっは、わっはっはっは!」という。
今日もいろいろ勉強できて嬉しいなと思う。
顔を洗ってすっきりする。
家族が楽しくなるように考え、振舞う。
鏡に向かって笑顔を作る。
どうしても楽しい気持ちにもっていく、もしくはそうしようとする。

目が覚めてベッドの中でもがいていたが、上記のことを試してみたら。確かに効く!

やりたくないとき


やらなければならないのにやりたくない場合どうしたらいいか考える。

単純作業なら無理やりやってしまうこともできるのだろうが、複雑なことで、勉強して理解しないとやり遂げることができないことなどについてはどうしたらよいのか。

たとえば、英語だが、いくら勉強してもなかなか効果が得られない。これを無理に勉強していると(私の場合)いやな気持ちが持続し、増幅され、やがてうつの症状になるのだ。このいやな気持ちをどうしたら解決できるか。

それが好きになって趣味のようになればいいのだが、可能なのだろうか。すごく簡単なところから入ってすらすらできることにより好きになるという方法は?それは何度も試みたが、難しいところに至るとだめになるし、いくら簡単なところでも心から好きになれる気がしない。

瞑想して無心になってやるか。できるようになったときの喜びを想像するか。興味のある題材を使うか。

面白おかしいことと絡める。

とりあえずやり始めて、いやな気持ちは忘れるようにする。いやな気持ちが激しくなったらいったんやめてその気持ちを取り去ってからまたやる。

自分の興味のある部分を探す。少しでも面白そうなところからやる。自分の好きなことに関連付ける。

始めは、楽しいことと一緒にやる。簡単にできる単位に分ける。ほかの人と一緒にやる。

自分にできなかったら人にもできないと思う。

少し進んだら、自分をほめる。

何とかしてテンションをあげようとする。

・・・

いろいろと家族に聞きながら書いてきたが、家内と娘には「うつになる」という要素が基本的に無いようであった。やはり本にもあったように生まれつきの部分がかなり大きそうである。

うつの要素を持っている人間の割合はどの程度なのであろうか。このブログに書いているようなことはほとんどの人たちにとっては完全に他人事なのだろう。まあ、ひとつ新しいことを理解した。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク