FC2ブログ

ブートマネージャ

今でいう「ブートマネージャ」は私が発明しました。その時は「ブートマネージャ」ではなく「XDISK」といいました。じつは趣味で作りました。仕事ではありません。なんで作ったかというと、OS/2というOSを開発するときに、ちょっと問題があったからです。毎日新しいバージョンをビルドするのですが、テストをするときにあるバグがどのバージョンで発生したかを調べたいのです。しかし、そのころPCは非常に高価なので、台数が限られていました。ですので、古いバージョンを試すためにはまた古いバージョンを導入する必要がありました。これが、フロッピーディスクを10枚も20枚も使って導入するので、あまりにも大変でした。そこで、一つのハードディスクにOSを15個まで同時に導入する目的で作ったのです。正確に言うと、DOSやOS/2を15個とUNIXをひとつ導入し、コモンのD:ドライブにテストケースを入れられるようにしました。WindowsはDOSのフロントエンドだったのでDOSに含めます。

現在よくある(LinuxやWindowsやMAC)に使用されているブートマネージャとの違いはOSの導入されているドライブは同じC:ドライブとして見え、D:ドライブは共通にアクセスできるという点です。テストケースは全く変更せずどのバージョンのOSでもテストできるんです!立ち上げたOSから他のOSは全く見えないようになっていました。BIOSのレベルでOSをだましていました。

しかし、目的とは違って、I社のみなさんはOS/2とWindowsを両方導入するのに使用していました。特許を取るのを忘れたので損をしてしまいました。特許のことに気づいた時には営業の人たちがお客様のところで使ってしまっていたということです。ただ、このおかげで私は会社の中でちょっと有名になりました。台湾に出張に行った時にはみなさんが私の名前を知っていました~。

しかし、今はLinuxもWindowsもMacもブートマネージャを持ってますね。アイディアとしては私の真似ではないですか。少しはお礼を言ってもらいたいものです。まあ、いいですけど・・・ちなみに、その後OS/2にもブートマネージャが搭載されました。これは、アメリカの本社のひとたちが「ソースコードを欲しい」と言ったので私のマネージャが彼らに送ったのがもとになっていると思われます。ただ、仕様はLinuxやWindowsやMacのものとほぼ同じとなっています。

昔はPCで漢字が使用できなかった

今は普通にパソコンで漢字を入力したり表示したりしています。しかし、私がI社に入ったときは全て英語でした。我々が漢字DOSを作ってからパソコンで漢字が使えるようになったのです。BIOSのINT 10H (Display IO)で漢字が出るようにしたのです。自分でも忘れてました。不思議な感じがします。

かな漢字変換は同僚の担当でした。ですので、詳しいことは知りません。その後、JUST SYSTEMが「一太郎」を作ったときにATOKを作ったと思います。

自分は幸せだと思うこと

改めて、人生は修行だなと思いました。なんの修行かというと、「『何が起ころうとも自分は幸せである』と思う自分を作る」ための修行であると思いました。

以前から感じていることなのですが、「幸せになるためにお金持ちになろう」とか、「幸せになるために・・・しよう」とかいうのはちょっと違うと思います。じゃあ、「お金持ち」になってどうしたいのでしょう。(中略)結局、「幸せだなー」と感じている状態になりたいんでしょう。ならば、いきなりそういう感じになることを目指したほうがいいのではないでしょうか。もちろん難しいので、それを修行だと思った次第です。

貧乏でも「幸せだなー」と思っている人と、金持ちでも「つまらないな」と思っている人がいたら、どちらになりたいでしょうか。

まとまりがない話になってしまいました。

さくらインターネット

台湾語ページ」および「アートブレイン」のドメインは「さくらインターネット」のレンタルサーバーで運営しております。「さくらインターネット」は安い・安定している・サポートがよい」の3拍子そろったプロバイダーです。このブログを見た方たちに、現時点で、是非おすすめしたいです。なぜ、現時点で、と書いたかと申しますとそれには訳があります。私が以前勤めていたI社は昔は最優良の会社のひとつでしたが、現在では普通の会社だと思うからです。株式を上場するとなかなか難しいとは思いますが。

アートブレイン

最近、会社を始めてみました。「アートブレイン」です。今までの経験を生かして、少しは人の役に立とうと思って始めました。よかったら、「お問い合わせフォーム」からお問い合わせしてみていただければ幸いです。みなさんをホームページのテストに使って申し訳ございません。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク